皆様からのよくあるご質問におこたえさせていただきます。出張講座についてはこちらをご覧ください。

こちらをご覧いただきお問い合わせをする場合はこちらよりご連絡ください。

1.どんな学生が来るのでしょうか?

伺う学生はNPO法人サイエンスリンクのメンバーですので全員学生です。それぞれ東京大学や東京工業大学、東京理科大学などの別のサークルで子ども向けに科学実験教室などを行っています。さらにNPO法人サイエンスリンクのメンバーは各サークルの活動だけでなく更に体験型科学教育活動を極め広めようとしている学生たちですので、責任をもって皆様に科学の楽しさをお伝えいたします。

早稲田大学修士2年生 小幡哲士 

NPO法人ガリレオ工房や学生グループを中心に科学イベントの企画・運営に携わり、約100会場200イベントでの経験をもつ。オリジナルの実験を開発する能力に長け、多くの科学作品を手がける。著作として『現役東大生による頭がよくなる実験・工作ー小学生向け』などを手掛け、体験科学教育を志す学生でも群を抜いた経験をもつ。(写真1枚目)

東京大学修士2年生 佐野雄図 

主に発達障碍児や不登校児向けの実験教室を担当。自身が子どものころ学校になじめず、そのような子どもたちの孤独を得意な科学を使って解消したいと考え、子どもたちの自由な発想や遊び、個性を生かした科学工作教室などを年間20件ほど経験。発達障碍児向け教育サービスを提供する株式WOODYでの事業責任者を兼任しており、精力的に活動中。(写真2枚目)

  

 

2.サイエンスショーは4万円、科学工作教室は2.5万円からとのことですが、それよりも額が大きくなることはあるのでしょうか?

両サービスともに都内近郊から離れている地域での実施の場合は別途交通費分料金をいただきます。おおまかな目安として新宿駅や渋谷駅、池袋駅、東京駅などから片道1000円程度の範囲であれば遠方の場合の交通費はいだたきません。

また科学工作教室については参加人数によって材料費が変動するため、価格が変わる可能性があります。おおよそ20~30人程度まででであれば2.5万円で受注可能ですが、それ以上の人数の場合はスタッフを増やしますのでスタッフの交通費や材料費を追加でいただきます。およそ10人あたり1万円程度の増額とお考え下さい。

 

3.内容はどのようなものなのでしょうか?

ご希望の内容が特にないようでしたら、サイエンスショーでは巨大空気砲を用いた光と空気のショーを、科学工作教室では”スピーカーを作ろう”というテーマのワークショップをお持ちいたします。両コンテンツとも過去の実施内容からお客様の満足度が高いものを選んでおりますが、他の内容をご希望の際はその旨お伝えください。

 

4.時間や人数はどのくらいまで大丈夫でしょうか?

サイエンスショー、科学工作教室ともに30分~60分間程度です。時間によって料金は変動いたしません。お子様方が楽しみながら学べる時間がおおよそこの程度ですのでこの時間を設定しておりますが、1時間以上のプログラムをご希望の場合などはお問い合わせください。内容を微調整して対応いたします。

 

5.キャンセルは可能なのでしょうか?

件数限定であること、また講師の予約をおさえてしまい他の案件を受注できなくなってしまうことから、原則としてキャンセルはご遠慮ください。受注後生じたキャンセルに対しては、キャンセル料を状況に応じてお支払いいただきます。

 

6.申し込んだのですがお返事いただいておりません。どのようにすればいいでしょうか?

ご迷惑をおかけし大変申し訳ございません。お申し込みから48時間以内にこちらからのお返事がない場合はお手数ですが、お問合せフォームよりご連絡ください。