会場内マップ

第8回会場マップ 

パンフレットのダウンロードはこちらから→ 第8回サイエンスリンクパンフレット.pdf (1.89MB)


企画紹介

①分光器を作ってみよう!

出展:東工大ScienceTechno

分光器を作って光の不思議を体験しよう!私たちにとって一見白色に見えている光は、実は様々な色の光でできているんだよ!そして分光器を使うとその光の色を分けて見ることができるよ!作った分光器を使っていろんな光を見て、光を分けてみよう!どんなふうに光が分かれて見えるかな?もちろん作った分光器は持ち帰れるよ!

・団体紹介

東工大ScienceTechno①

東工大 Science Techno(サイテク)は、東京工業大学公認のサークルです。
科学の楽しさを多くの人と分かち合うことを目的に、小学校や公民館などで科学実験・工作教室の企画・運営を行っています。
特に子どもが科学の不思議に触れる機会を設けることで、科学を好きになってくれるきっかけとなることを目指しています。

公式サイト:http://www.t-scitech.net/

②やってみよう実験教室

出展:三輪田学園中学高等学校科学クラブ

世界に一つだけのオリジナルの葉脈しおりを作ってみよう!また、宝石のようにキレイに光るビー玉を作ってみよう!

・団体紹介

千代田区にある三輪田学園中学高等学校(女子校)の科学クラブです。部員は約40名で、普段は学園内でさまざまな実験を行っておりますが、一昨年からサイエンスリンクに参加しております。このイベントを通して、科学の魅力を一人でも多くの方に伝えられればと思っております。

公式サイト:http://miwada.ac.jp

③たね、明かします〜サイエンスマジック〜

出展:東京大学サイエンスコミュニケーションサークルCAST

目の前で起こる不思議なマジック。実はこれ、全部科学の力をつかっているんだ!今回は特別に種明かしもしちゃうよ!いろんな摩訶不思議なマジック、種は全部「2つのキーワード」のどちらかに関係しているんだとか…でもそれはマジックを見てからのお楽しみ!マジックの種は何なのか、「キーワード」は何なのか、を考えながら見てみてね。

団体紹介

ロゴ

東大CASTは東京大学の学生で構成されたサークルで、小学校や公民館などに出向きサイエンスショーや出張理科実験教室を行ったり、東大の学園祭で実験体験型科学イベントを開いたりしています。また、科学読み物の執筆なども行っています。(本も出しています!)ちなみに"CAST"の由来は"Communicators of Science and Technology"(科学と技術を伝える人たち)です。科学の面白さを多くの人と分かち合えるよう日々精力的に活動しています。

公式サイト:ut-cast.net

④ケミカル縁日

出展:ブルーダック(都立戸山高校SSHクラス化学コース)

ケミカル縁日です。懐かしい縁日風に実験を一緒に体験してみませんか?出し物は3つ。スパーボールをゴムの素からつくってみよう!弾むかな?水の上に浮かべた船を石けんでを使って動かしてみよう!動くかな?誰がさわったか?指紋を調べてみよう!

・団体紹介

東京都立戸山高等学校のSSHクラスで化学分野の研究をしている高校生の団体です。各自が研究をしながらも、化学実験の楽しさを皆さんと一緒に体験したいと思っています。研究の話、実験の話、高校生活の話、いろいろな話をしながら、実験を楽しんでもらう準備をしています。ぜひ、遊びに来て下さい。

公式サイト:http://www.toyama-ssh.hs.plala.or.jp/

⑤クロロフィルは緑色?光合成色素を調べよう / 小型の目の模型をつくろう!(13日前半)

出展:清真学園高等学校

クロロフィルって聞いたことあるかな?植物の光合成で大切な役割をする色素のことだよ。クロロフィルは葉緑体というちいさな構造のなかにあって、緑色の野菜に、多くふくまれているんだよ。
野菜が好きな人も嫌いな人も、この色素が光を吸収するしくみを調べてみよう!

⑤発泡スチロールでスタンプをつくろう / 香りの化学 香りを足し算したら?(13日後半)

出展:清真学園高等学校

突然ですが問題です!
ミカンやオレンジの皮、除光液、洗剤に含まれる「あの物質」を知っていますか?
じつは「あの物質」で発砲スチロールが溶かせるんです。知ってましたか?
それをつかって、自分だけのオリジナルスタンプを作ってみましょう!
なぜ溶けるのか、いっしょに考えましょう。

・団体紹介

私たちは清真学園高等学校で、サイエンス・コミュニケーションを考えている高校1年生です。サイエンスリンク初参加ですが、この日のために、仲間と意見を交換し、実験を重ねてきました。みなさんとたくさん交流できることを楽しみにしています。

公式サイト:http://www.seishin-web.jp/

⑥電池で簡単♪くるくるモーターをつくろう!(14日のみ)

出展:長岡技術科学大学サークルTEC (Technical Education Circle)

『銅線を電池の上に乗せると、くるくる回り続ける・・・!?』
「くるくるモーター」は電池の上で銅線が回り続ける不思議なおもちゃ!電池と銅線と磁石をつかって、一緒に「くるくるモーター」を作ろう!どんな形の銅線でも回るので、世界に一つだけの「くるくるモーター」を作っちゃおう♪完成した「くるくるモーター」は、おうちに持ち帰ることができるよ。作り方を覚えて友達と一緒に作って遊ぼう!

・団体紹介

tecロゴ背景透過

『子どもたちに科学の楽しさを』
長岡技術科学大学サークルTEC は、子どもたちに科学の楽しさを伝えるために、新潟県長岡市を中心に実験ショーや工作教室などを行う学生サークルです。
3回目のサイエンスリンク参加です!第8回サイエンスリンクでは電池と磁石、銅線を使った簡単な工作を紹介します。お楽しみに!

公式サイト:https://sites.google.com/site/nagaokatec/

⑦私を宇宙に連れてって!

出展:Live in SPACE Project

「宇宙に行きたい!」
そう思う人はたくさんいるはず。それでは、「宇宙でどのように旅するのか」についてどれくらい知っていますか?実は、燃料を全く使わなくても速く動ける方法があります。「スイングバイ」という技術です。今回の展示では、この「スイングバイ」がどのようなものなのか、手を動かして遊びながら、楽しく理解できます!

・団体紹介

full orange transparent

宇宙といえば、遥か遠くにあるもの…。
確かにそれも間違ってはいません。しかし目を向けてみると、宇宙は誰のそばにもあり、あなたが思っているよりも宇宙は身近な存在ではないでしょうか。私たちLive in SPACE Project(ライヴ・イン・スペース・プロジェクト)はそう考えています。私たちの活動を通してそのような人々が増え、心躍る世界が創造されていくことを期待しています。

公式サイト:http://lis.s367.xrea.com/

⑧身近な生き物大集合

出展:多摩科学技術高校 科学研究部生物班

私たちの身近にはたくさんの生き物が生息しています。しかし、その多くは人の目にはつかず、認識することもあまり、機会がないかもしれません。そこで、今回、私たち生物班は身の回りの生物の展示、体験型の実験を行います。

・団体紹介

私達は多摩科学技術高校の生物班です。研究、実験、生物飼育、観察をメインとして活動しています。私達は生き物が好きな人間で構成 されているので、生物等の話をしてくれると、うれしいです。

⑨声で動くおもちゃを作ろう!

出展:東京理科大学サイエンスコミュニケーションサークルchibi lab.

みんなは自分の声が聞いたことがあるかな?毎日、自分の声、おうちの人や友達の声を聞いているよね。でも、目を使って見たことがある人は少ないはず。けど紙コップを2個を使うだけで、みんなの声が見られるんだよ!人それぞれ声が違うように見え方も違う。どんな声が見られるかは作ってからのお楽しみ!作り方はとても簡単なので、みんなで工作をして、見えないはずの声を見てみよう!!

・団体紹介

logo_chibi-lab

chibi lab.は東京理科大学所属の科学実験コミュニケーションサークルです。土日を中心に飯田橋周辺で、誰でもできる、誰でもわかる科学実験や工作教室を行っています。私たちの大好きな科学をたくさんの人に楽しんでもらうために日々頑張っています。1人でも多くの人に「すごい!」と言って貰いたい、そしてみなさんが見せてくれる笑顔が大好きな仲良しサークルです。

公式サイト: http;//chibilab.web.fc2.com/index.html

⑩フリフリ!震える!電気実験!

出展:日本大学科学サークルEBI

みんなはコイルってしってるかな?電気が流れる線をものすごく巻いたものなんだけど見たことはないかな?実はコイルって電気の世界ではものすごく重要なものなんだ。 みんなが普段使う電気の発電や、音楽を聴くときに使うスピーカーに使われてたりと実は身近にあるんだよ。今回、このコイルに磁石を組み合わせて振動から音を出したり、発電をしたりする実験をするよ!

・団体紹介

EBIロゴ 仮完成2

”楽しい・面白い・深い知識” をテーマに 大学の学部祭や地域センターや実験・研究・発表 を行い、科学教育の普及を目標として活動をしています。化学・電気・情報など幅広い分野の中から部員それぞれがテーマを決めてサークルとしての企画を作り上げています。
今後も科学のために、私達の活動に興味を持ってくださった外部の方(企業や施設等)に積極的に協力していきます。ご連絡お待ちしております。

公式サイト:https://sites.google.com/site/nichidaiebi/

⑪巨大シャボン玉に入ろう!

出展:國學院大學教師研究サークルCandY

みんなはシャボン玉の中に入ったことはあるかな?みんなが知っているシャボン玉とは違った大きなシャボン玉の中から外の世界を見てみよう!もしかしたら見たことのない世界が見えるかも!
さらに魔法の液体に触れる体験もやっているよ!魔法の液体は自分で作って持って帰れるから、ぜひ遊びに来てね!

・団体紹介

CandYロゴ1

私たち教師研究サークルCandYは國學院大學の教員を目指す学生が集まり、教材研究、模擬授業、ディスカッションなどの勉強会を中心に活動しています。その他にも大学内、外部のイベントに参加し、子どもたちの前で理科の実験を披露するといった活動をしています。

公式サイト:http://candy.officialblog.jp/

⑫びっくり仰天!?変わっていく水の色 (14日のみ)

出展:Merry Labo

身近なもので液体の色が変化していく不思議な体験ができるよ!この実験ではクエン酸、ブドウ糖、重曹などみんなの家にありそうな物を使っておこなっていくよ。また、魔法の液体を加えて容器を振ると色がついたり、そのままにしておくと色が消えていくような不思議な実験もみんなに体験してもらうんだ。さぁ、私たちと一緒に未知との遭遇を体験し、化学を楽しもう。

・団体紹介

Merry Labo ロゴ

私たちMerry Laboは“化学を通して楽しいことをしよう!”との呼びかけから集まった団体です。メンバーは東海大学の化学科6人で、得意分野を活かしながらみんなで楽しく好奇心旺盛に実験をしています!Merry Laboには愉快な実験をしたいという思いが込められていて、さらにメンバー全員のイニシャルが入っているという隠れ意味もあります。我らMerry Labo、最高の化学パフォーマンスをお届けします!

⑬水中シャボン玉実験!水の中でシャボン玉は飛ばせるの?

出展:東工大BioCreativeStaff

いきものが生きていく時にとっても大切な膜(まく)。膜があるからこそ色んな生き物が生きていける。そんな膜を簡単につくるとしたらどうすればいいだろう?今回は水の中に浮かぶ不思議なシャボン玉をつくってみながら、膜作りを楽しもう!

・団体紹介

BCSlogo

東工大Bio Creative Staff 通称"BCS"は、生命理工学部の学生を中心として2009年に創設されました。以降、バイオの面白さや奥深さを子供たちに伝えることを目的に様々な活動しております。高校生による小中学生のための教材の作成とその出来栄えを競う「高校生バイオコン」の運営、子供向けの実験教室の主催、各科学イベントへの出展など数々のイベントに携わっています。

公式サイト:http://bcs777.web.fc2.com/

⑭水と仲良し!高分子吸収材の不思議!(13日のみ)

出展:東京都立科学技術高等学校

皆さんは、高分子吸収材って知ってますか?高分子吸収材は、私たちの生活の中でいろいろと使われています。今回は、この高分子吸収材が水と大変仲が良いことを実験を通じて理解することができます。実験を通じて高分子吸収材の不思議な性質を体験してみよう。体験してくれた皆さんには、カラフルな吸水ビーズ(高分子吸収材)のサンプルをプレゼントします。

・団体紹介

科技高校ロゴ

科学技術高校は、都立高校で初めて「科学技術科」を設置した新しいタイプの学校で、2001年に開校しました。わたしたちは、知識の習得で終わらずに、様々な体験を通じて、科学技術のエッセンスに触れることを大切にしています。本校では、科学的な思考力やもの作りのセンス、課題意識等を早いうちから身につけ、大学等の専門教育に生かしていくことができます。

公式サイト:http://www.st-h.ed.jp/

⑮表面張力を感じよう!~手紙作り~

出展:立命館大学ライフサイエンス研究会

「表面張力」って何か知っているかな?液体の表面をできるだけ小さくしようと、液体の粒同士が引き合う力のことなんだ。例えば、シャボン玉はこの力のおかげで丸い形になるんだよ。この表面張力を使って、オリジナル模様の手紙を作ってみよう!作った手紙を出してみない?
身近な物でできる実験だから、夏休みの自由研究のヒントになるかも?!

・団体紹介

ライフサイエンスロゴ

立命館大学ライフサイエンス研究会は滋賀県のびわこ・くさつキャンパスで活動を行っています。身の回りにあるものを使って子どもたちに科学の楽しさを伝えることや、最近問題となっている理科離れを防ぐことを目的として活動をしています。滋賀を中心として公民館や小学校で子どもたちと一緒に実験を行っています。子どもにとって科学は難しいものですが、理解してもらうために説明をかみ砕くなどといった工夫をしています。

公式サイト:http://rits-lisci.sakura.ne.jp/

⑯飛ぶ!?進む!?マグヌス効果の不思議!

出展:Supporting Science Experiment

マグヌス効果って知ってるかな?プラコップで簡単にできるおもちゃで、マグヌス効果を体験してみよう!作ったおもちゃはおみやげにできるよ。おもちゃで遊んだ後は、マグヌス効果で進む不思議な船を観てみよう! 

・団体紹介

furasuko

私たち、東海大学SSEは「理科」を通して小学生や中学生、保護者など様々な年齢の方々との交流を行い、「理科」の楽しさ、大切さを伝えていくために活動しています。身の回りにある「なぜ?」「どうして?」という疑問を実験や工作などで実際に肌で感じてもらい、その現象が起こる理由を理解して「なるほど!」と言ってもらえるように日々努力しています。

公式サイト:http://sse-tokai.jimdo.com/

⑰サイエンスラウンジ(13日のみ)

出展:立教理科工房他

サイエンスラウンジにようこそ。ここはサイエンスを話題にお話するところです。こう言うと、「科学の未来を議論する」なんて堅苦しいイメージが浮かぶかもしれません。しかも、「ラウンジ」?いったいどうなるんだ!?そしてその実態は!?
実は、そのイメージをもっともーっと簡単にしたものが「サイエンスラウンジ」なのです。私たちと気軽に科学のお話をしましょう!めくるめく科学の世界が君を待っている!
楽しい実験も用意しております。

・団体紹介

立教理科工房 ロゴ

立教理科工房は約5人で活動している団体です。
小中学生に 理科の面白さを知ってもらうことを目的に、小中学校の 科学クラブや科学館や大学が主催するイベントなどで、実験教室を行っています。
そのためのネタ準備、つまりオリジナルの実験を考えることも、立教理科工房の主な活動です。
私たちは「サイエンスリンク」には今回で5回目の参加です。

公式サイト:http://www.geocities.jp/rsf_4220/

⑱不思議な液体と「感光紙」でしおりを作ろう‼︎ (14日のみ)

出展:お茶の水女子大学環境科学倶楽部

光が当たると色が変わる紙って知ってる?感光紙って言うんだけど、ある不思議な液体を塗るとセロハンや針金で作った絵や文字が浮かび上がってくるよ!どうして紙に模様が浮かび上がってくるのかな?どうして色が変わるのかな?疑問に思ったらどんどん質問してね☆物知りになってお友達に自慢しちゃおう!!完成した作品はしおりにして持ち帰れるよ♪夏休みの宿題に役立ててね! 

・団体紹介

ochajo

私たちは、実験教室や地域のイベントでの実験ブースの出展などを通して、子供たちに科学と環境問題のつながりを考えてもらうことを目的に活動しています。一般に、環境問題はあらゆることに関係すると言われ、逆に、あらゆる理科実験も何らかの形で環境問題と繋げることができます。理科実験を楽しんだ後に、紙芝居を用いてどのような環境問題と関わりがあるかを示し、興味を持ってもらいたいと考えています。

サイエンスショー CasTechShow〜電気って何ができるの?〜

出展:東京大学サイエンスコミュニケーションサークルCAST+東工大ScienceTechno

電気と言われて、キミは何が思いうかぶかな?部屋のあかり?スマートフォン?それとも静電気?身のまわりのいろいろなところに電気は存在しているね。
このショーではさまざまな実験をとおして、僕たちの身のまわりにある電気の意外な一面を知ることができるぞ!運が良ければ実際に体験することもできるかも……!?
奇跡の目撃者はキミだ!

・団体紹介

我々CASTechは、東大CASTと東工大ScienceTechnoという二つのサイエンスコミュニケーションサークルが合同で行っている企画です。
メンバーは計10名ほど、主に東京大学駒場キャンパスと東京工業大学大岡山キャンパスで活動を行っています。
この度のサイエンスリンクでは、各サークルが個別で出展するのとは別に、ショーを上演することとなりました。
両サークルの叡智を集めたショーをぜひご覧ください。

公式サイト:http://ut-cast.net , http://www.t-scitech.net